大切に保管しよう!子どもの学校の集合写真

アルバムを利用する時にはフォトコーナーを利用する

子どもの学校の集合写真は、一般的なL版などと比較すると大きいです。大切に保管するには、フォトコーナーを利用すると良いでしょう。フォトコーナーをアルバムの台紙に貼り付けて、ビニールの部分に写真を挟むと簡単に写真を固定することができます。ポリプロピレンのファイルフォルダーなどに挟み込んでおけば、集合写真の大判サイズでも、1ページに2枚ずつ収まります。集合写真も若干大きさが異なることがあるので、レイアウトを工夫することでアクセントを付けることもできるでしょう。

パソコンに保存してみる

子どもの写真も子どもが歳を重ねるごとに、集合写真は増えてゆきます。アルバムに格納しておくと置き場所に困ってしまうのではないでしょうか。そんな場合は、パソコンを利用して画像を保存しておくのもおすすめです。

最近では、学校から配布される時にCDロムなどを利用してデジタルデーターで写真をもらえることがあります。その場合はそのまま、パソコンに取り込んでしまえば良いでしょう。

もし、プリントされた写真しかないのであれば、写真屋さん等にてデジタルデーターに治してもらえるサービスがあります。もし自宅のプリンターにスキャナ機能がついているのであれば、スキャナで取り込んでしまうのも良いでしょう。

ただし、デジタルデータは破損してしまうと見ることができなくなってしまうので、外付けハードディスクなどを利用して2重・3重にバックアップを取っておくことをおすすめします。

学校写真の撮影に関して評判の良い写真館を選ぶために、経験豊富なカメラマンと打ち合わせをすることで、様々なプランを提案してもらうことが有効です。