新郎から新婦へのサプライズはどんなのがいい?

愛する妻に喜んでもらうには…

社会人になると、友人や会社の同期や先輩などの結婚式に参加する機会がとても増えます。どの結婚式にも、そのカップルならではのこだわりや思いが込められていますが、本人たちはもちろん、会場にいるゲストも巻き込んで感動を与えることができるのが、サプライズ演出です。観客が新郎新婦に向けて行ったり、その逆もありますよね。新郎から新婦へ仕掛けるサプライズは少ないですが、だからこそサプライズを受けた新婦は感動しますし、ゲストの思い出にも強く残ります。少し照れくさいかもしれませんが、これから長い時間を共に生きていく妻に対して、愛情のこもった贈り物をしてみてもいいのでは?

サプライズの方向は色々です

歌が得意で作詞作曲ができる新郎なら、自作のラブソングを贈ってもいいですよね。ギターが弾ける人なら、演奏しながら歌ってもいいかもしれません。でも大勢の前で歌を披露するのって、結構勇気がいることですから、敷居が高いと感じる人は他の方法を探しましょう。歌を歌わなくても、普段照れくさくて伝えにくい自分の気持ちを言葉にしたいなら、手紙をその場で読み上げる方法もありますよ。新婦が欲しがっていたプレゼントを披露宴や二次会の場で贈るというパターンも結構あるようです。披露宴中に流れるムービーに、新婦に知らせずにサプライズ用の演出を仕込んでおくのもいいかもしれませんね。手先が器用なら、新婦に披露宴などで着用できる簡単なアクセサリー類を渡すのもロマンティックなプレゼントです。

結婚式場を神奈川で選ぶためには、様々な立場のカップルの希望を聞き入れてくれるウェディングプランナーと継続的に交渉を行う必要があります。